長く使えるシャチハタ

シャチハタイメージ

シャチハタのインクを補充するという時には、みなさんはどんなインクをお使いになるでしょうか?
また、シャチハタの書面への押し具合・押した後のシャチハタが、伸びてしまったり・にじんでしまったりはしてしまわないだろうか…?そんな心配をしたことはありませんか?

ハンコ・シャチハタの捺印とは、本来常に重要な役割を担っているため、捺印の際にはやはりインク選びから慎重に気にしなければならない部分でもあります。

もし、大事な契約・交渉の時などに、シャチハタOKの書類をこれから使おうという時に、押印した時は問題なく捺印出来ていたのに、いざ書類を取り出してみると、押印した欄がにじんでいたり、かすれていたり、はみ出してしまっていたり汚かったり…。
そんな経験を誰もがしたことがあると思います。

これでは、お客様はもちろんのこと、わたしたちも気持ちよく書類のやり取りをできるはずがありません。
気持ちよくお仕事をするためには、書面のシャチハタをしっかり丁寧に印象よく捺印出来るようにしておかなければいけません。

そのような不安、不満を解消するために、シャチハタ朱肉専用のインク「朱油」という商品があります。
この商品のすごいところは、捺印した後の乾きが驚くほど速く、にじみ・かすれの心配もほとんどありません。

しかし、もっとすごい点は、いつまでも長期間にわたって美しい「印影」を維持することが可能である、という点でしょう。
これは、シャチハタの使用が許される範囲での書類には、とてつもなく大きな武器となると言っても、過言ではないでしょう。

[お役所手続きは「印鑑辞典」へ]

「実印」とするためには、印鑑の手続きが必要です。
役所での手続きが必要となりますが、その方法はご存知ですか・・・?

PR-印鑑登録や印鑑証明の取り方はここが分かりやすい!

ページの先頭へ